ニキビで悩むあなたにおすすめするストレス解消法6選

kaisho

ニキビの原因であるストレスをどうやって解消したらいいか分からない!というあなたにおすすめするストレス解消法を6つ紹介します。どれもストレス解消にもってこいです( *´艸`)

あなたのストレスを解消する6つの方法

kaisho
こちらではストレスを解消してくれる6つの方法を紹介しています。

…でも今すぐできるものもあれば、今すぐできないものもあるので、
あなたができそうだなと思うものから始めてみてくださいね。

ニキビができるのはストレスが原因!?じゃあどうすればいいの?

ちなみにこちらで紹介していますが、
今日からできるストレス解消法として

「軽い運動」「よく寝る」「お風呂に浸かる」「深く呼吸する」

の4つもあるので参考にしてください。
では、追加で6つのストレス解消法も紹介していきます。

笑ったり、笑顔を作る

warau
「笑う」というのはストレス解消にものすっごくいいです!

笑うことによって副交感神経が刺激されて、
血行促進、緊張をほぐしてくれる効果があるので思いっきり笑いましょう♪

あなたはそんな急に笑えないよって言うかもしれませんが、作り笑いでもいいんです。
口と目を笑わせることができればその効果は発揮されます。

ニキビがあって嫌だという気持ちはわかりますが、
ムスッとした顔はストレスが溜まりやすくなるし、周りの人も嫌な気分にさせます(>_<)

面白い友達と話す、好きなお笑い番組やマンガ、アニメを見る。
笑ったり、笑顔でいる時間を増やしましょう。

泣きたいときは泣く

naku
最近泣いていますか?

男性は特に泣くことに対して「恥ずかしい」「かっこ悪い」と思って、
人前で泣くことをしませんね。

泣くことも笑うことと同じでストレス解消効果が高く、
笑うことよりもストレス解消になると言われ、「涙活」というものも流行っています。

ストレス解消になるのは感動の涙です。

あなたがツライ、悲しいと思っていることがあるなら思いっきり泣きましょう。
感動する映画やドラマを見て泣くのもいいです。

感情を自分の中に溜め込むのはいけませんよ。

カラオケなどで大声を出す

karamatta
カラオケがストレス発散になっている人は多いのでは?

大声を出すのはスッキリした気分になれるし、
深く息をする、血流の流れを良くしてくれるのでオススメ
です。

カラオケで何曲も歌えば運動にもなりますし、歌って踊りましょう♪

カラオケじゃなくても海や山などの自然の中なら迷惑をかけないし、
絶叫マシーンで叫ぶ…というのもいいと思います。

怒って大声を出す…。これだけは絶対に止めましょう。

ノートにイライラの原因を書くまくる

noto
大声をだしてストレス発散するのが苦手だという方もいると思います。

そんなあなたにおすすめなのが、ノートにイライラの原因を書きまくることです。
とにかくストレスというのは自分の中に溜め込んではダメです。

だから大声をだせない人はノートに書きましょう。

で、ノートにイライラの原因を書きまくった後は
そのノートを破ってゴミ箱に捨てる。

ノートをそのままにしておくよりもイライラと一緒に
ゴミ箱に捨てる気持ちで破いて捨てちゃいましょう。

アロマの香りでリラックスする

aroma
嫌なニオイをずっと嗅いでいると嫌な気分になってストレスが溜まった経験はないですか?
ニオイというのは意外とストレスに影響しているんです。

そんな香りでストレスを軽減してくれるのがアロマです。

ストレスに効果がある香りも多く、女性に人気のストレス解消法(*´з`)
部屋の雰囲気も変わるし、ストレスを溜めにくくもしてくれますよ。

もうちょっと適当に生きてみる

tekit
ストレスでニキビができやすい人は真面目な方が多いです!
あなたもこちらの5つの思考パターンに当てはまっていませんか?

ストレスニキビができやすい5つの思考パターン※あなたはどのタイプ?

真面目な方にもうちょっと適当に生きてみれば?と言っても
心に響かないかもしれませんが、もうちょっと気を緩めましょう。

ストレスというのは緊張状態がずっと続いているようなものです。
何かあっても意外とどうにかなるものなので、心に余裕を持つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>