ストレスニキビができやすい5つの思考パターン※あなたはどのタイプ?

ストレスニキビができやすい人には5つの思考パターンがあります。「ストレスが溜まっているな…。」「ストレスのせいでニキビができた!」と感じている方はこれから紹介する思考パターンのどれに当てはまっているかチェックしてみましょう。




ストレスニキビが出来やすい5つのパターン

iraira
ストレスでニキビができてしまう人の一番の特徴は「まじめすぎる」ということです。

ニキビができるのはストレスが原因!?じゃあどうすればいいの?

こちらでも紹介しているようにニキビができる原因の一つがストレス。
特に大人になってからのニキビはストレスがすっごく影響してきます。

ストレスでお腹が痛くなる、髪が抜けるなんて症状がでる人がいますよね?
それと同じでストレスでニキビができやすい体質の人もいるんです!

こちらではストレスを溜めやすい人の5つの思考パターンを紹介しています。
あなたに当てはまるものがあれば、考え方を変える必要があるかもしれませんね。

では早速紹介していきます。

責任感が強い・頑張り屋さん

ganko
責任感が強い人は結構ストレスを溜めやすかったりします。
責任感が強い人は完璧主義的なところもあり、

段取り通りに物事を進めたい。時間や約束は必ず守る。
小さなミスが気になったり、自分一人で悩むを抱え込む。


完璧に物事を進めようとするから、それが上手くいかなかったとき、
予想外のことが起こったときにストレスが一気に溜まります。

自分だけでなく、他人の行動も気になりだしたら要注意です。
ストレスが増えるスピードが上がります。

感情を上手く表現できない、「イエスマン」

muhyou
喜怒哀楽の表現が苦手な人っていうのは自分の気持ちを押し殺します。

・“本当は”嬉しいのに上手く笑えない
・“本当は”怒りたいのに怒れない
・“本当は”悲しいのに泣けない
・“本当は”楽しいのに楽しそうにできない


感情表現が苦手な方ほどなんでも引き受ける「イエスマン」になりやすいです。
嫌なことでも断れずに付き合うので、ストレスが溜まります。

また、「笑う」「泣く」という行動はストレス発散効果があるのですが、
それもできないでいるからストレスの調節もできていません。

細かすぎる&周囲のために働きすぎ

kikuba
細かすぎるというのは神経質みたいな感じです。
潔癖症の人なんかがそうですね。

周りの状況を良く見ている、周囲のために働くことができる人でもあります。

この思考パターンの人のは一つ一つのストレスは小さいです。
だから、知らないうちにストレスが溜まっちゃってるんですね。

あれこれ悩む・心配症

arekore
とにかく色々なことに対して悩みます。

過去のことに
「ああしておけば良かった…」「なんであんなことしたんだろう…」

未来のことで
「このままニキビが治らなかったら…」「これで本当にいいのか…」

ネガティブ思考と言えば、ちょっと大げさかもしれませんが、
悩みすぎることはストレスが溜まるだけじゃなく体にも良くありません。

ポジティブになれとは言いませんが、もっと気楽に考えるようにしましょう。

他人の行動にイライラしすぎる

tanin
自分のことよりも他人の行動や言動にイライラしてしまう。
これはどんな人でもよく考えちゃいますよね。

学校や仕事の人間関係、夫婦関係、親子関係、友人関係…。

生活していく上で人との関わりをなくそうとするのは難しいです。
気をつけたいのはそのイライラをずっと抱えないことです。

イライラは考えれば考えるほど大きくなるうえに、他の人もイライラさせます。

怒りが恨みに変わることが一番厄介なので、
「もしかしたら○○だったから、あの人はこんな行動・言動をしたのかも…」

と気持ちを落ち着かせましょう。

思考パターンが分かればストレスが溜まりにくい

normal_lストレスでニキビができやすい人の5つの思考パターンを紹介しましたが、あなたに当てはまる思考パターンはありましたか?

自分がどの思考パターンなのかが分かれば、その思考をする回数が減る。ストレスが溜まりそうだなと意識することができるので、ストレスが溜まりにくくなります。

あなたがストレスを溜めそうになっているなと思ったら、

「あっ!これはストレスが溜まるかもしれないから気をつけよう」

そう思うだけでいいです。

こう思うだけでも、ストレスがかなり軽減するので
ストレスが溜まりそうになったら試してみてくださいね。