夏じゃなくても気をつけたい!!紫外線によるニキビへの影響

夏になると太陽の光がハンパないですね。紫外線で気になるのは日焼けやシミなどの肌トラブルですが、実は紫外線はニキビにも悪影響があることを知っていましたか?ニキビに悩んでいるなら紫外線対策も怠ってはいけません。




ニキビ肌に紫外線対策が必要な理由

sigai
紫外線が肌に悪いことは知っててもニキビにも悪影響って…??
そこまで関係なさそうに思いますよね。

でも今知っておいてください!!
紫外線はニキビにとっても天敵です。

紫外線を何の対策もしないで浴びれば、紫外線という刺激を肌に与えているんです。

無防備な状態で紫外線を浴び続けると、その紫外線の刺激からお肌を守ろうとして、
角質を厚く、硬くしようとするんです。

肌の角質が厚くなると結果的に毛穴が塞がってニキビが出来やすくなるし、
肌のバリア機能の低下、肌の水分を蒸発
させたりするんです。

なんとなく紫外線がニキビにヤバいってことを理解してもらえたかな?

 

「でも、ニキビ肌に日焼け止めを塗るのって良くなさそう…」

って思う方もいるかもしれません。
が、紫外線対策に日焼け止めを塗らないほうが良くありません。

紫外線対策をしないことでニキビ跡になる可能性も!!

sigaa
紫外線によるニキビへの影響で一番最悪なのが、
紫外線のせいでニキビ跡になる可能性もあること!

これが一番最悪です。

肌が紫外線を受けると活性酵素というものが発生します。

この活性酵素は脂質と合体しやすくて、合体すると皮脂が酸化して
周りの細胞を傷つけたり、お肌が生まれ変わる機能を低下させちゃうんです(;゚Д゚)

細胞が壊れることでニキビ跡になる…ってことです。
紫外線の恐怖はニキビだけに限らないので、

ニキビがあってもなくても紫外線対策は行いましょう。

ニキビ肌のときに選びたい日焼け止めの条件

紫外線で僕たちに影響を与えるのは

・UVーA(紫外線A)…肌の老化を進める紫外線
・UVーB(紫外線B)…肌を炎症を起こす紫外線

の二つ。

日焼け止めでPAやSPFって言葉が出てきますが、
PAはUV-Aを防ぐもので、SPFはUV-Bを防ぐものと簡単に覚えておきましょう。

ニキビに影響を与える紫外線は炎症を起こさせるUV-Bなので、
SPFが高いものを選べばいい…とは限りません!

PAもSPFも高いとそれだけだけ肌への負担もあると考えましょう。

特にニキビに関係があるSPFが50以上の場合、
刺激の強い紫外線吸収剤が入っている可能性があるので、ニキビ肌にはオススメできません。

ニキビ肌の方が選ぶ理想の日焼け止めは

・PA++~+++
・SPF15~30
・紫外線吸収剤が入っていない
・オイルフリー
・添加物がすくない

PAとSPFはあくまで目安です。

他の3つの条件が揃っていて、PA、SPFが高いものがあれば
その日焼け止めを使ったほうがいいですね。

紫外線とニキビまとめ

normal_l見ていただいて分かってもらえたと思いますが、たかが紫外線とあなどってはいけません。紫外線はニキビを悪化させるし、最悪ニキビ跡の原因にもなります。

あと、今は実感ないかも知れませんが、ニキビ以外にもシミやたるみなどの肌トラブルの原因になってくるので、今のうちに紫外線対策をしておいてキレイなお肌を手に入れる準備をしておきましょうね。