肌がピリピリする敏感肌ニキビは化粧品選びが間違っている?

ニキビを治したくてニキビケア化粧品を買って使ってみたら、お肌にピリピリとした刺激を感じるってことがあるかと思います。お肌に合わない化粧品を選んでしまったのかも…って思っちゃいますよね。ピリピリの原因は化粧品もあるけど…。




化粧品を変えると感じるピリピリは本当に化粧品のせい?

binkan2
敏感肌の方がいつも使っている化粧品からニキビケア化粧品を使うと
ピリピリ!!っと刺激を感じることってよくありますよね。

 
「なんかピリピリした!これって私のお肌に合っていないのかな~?」

 
なんて感じで化粧品選びに失敗したと思っちゃいますが、
何度か使っていくうちに刺激がなくなる…ってこともあります。

 
お肌が化粧品の刺激に慣れたので、そのまま使い続けるたりしますが、
敏感肌の場合はニキビケア化粧品を使うのはあまりオススメできません。

 
ドラッグストアなど市販で売っているニキビケア化粧品に限りますが、
市販のニキビケア化粧品は皮脂を落とすタイプのニキビケア化粧品が多いので、
敏感肌ニキビに使うとピリピリした刺激やニキビが悪化することもあります。

 
敏感肌の場合、化粧品選びも重要ですが、
そもそもの原因は肌のバリア機能が低下している状態がいけません。

 
敏感肌は生まれつきっていう方よりも間違ったスキンケアによって
肌のバリア機能が低下して敏感肌になっている方のほうが多いんです!

 

敏感肌で気をつけたいのが洗顔料の選び方と洗顔方法

sennga
敏感肌の場合、一番気をつけたいのが洗顔料の選び方と洗顔方法です。
というのも敏感肌になる原因は洗顔の可能性があるからです!

 
⇒洗顔のし過ぎやゴシゴシ洗顔がニキビを増やす理由…!

 
あなたも子供の頃にゴシゴシ洗顔をしていたり、何回も洗顔していませんでしたか?
その昔の間違った洗顔が今のあなたの敏感肌を作っているんです。

 
で、肝心の敏感肌のときの洗顔料の選び方ですが、
敏感肌の場合、洗顔フォームや泡タイプの洗顔料よりも、固形石鹸がおすすめです。

 
『「正しいスキンケア事典」吉木信子著』でも書かれていますが、
洗顔フォームや泡タイプは必要以上に皮脂を落としたり、肌への刺激が強いものが多く、
敏感肌のニキビケアにはあまり向いていません。

 
その点、固形石鹸は汚れと共に適度に皮脂を落としてくれるのでオススメです。
特に無添加だと敏感肌でもピリピリとした刺激が少ないですね(´▽`)

 
敏感肌のときの洗顔方法はこれらのことを覚えておけば大丈夫です。

 
・洗顔は1日朝夜の2回(朝はぬるま湯で夜は洗顔料)
・ゴシゴシと洗顔せず、たっぷりの泡で優しく洗顔
・洗顔は長すぎないよう1分以内で終わるようにする
・洗顔後は化粧水を使ってしっかり保湿してあげる

 
敏感肌ニキビの洗顔はこれらのことに気をつけましょう。
あまりに敏感肌が酷い場合は洗顔料を使わず、ぬるま湯のみの洗顔をするのもアリです。
(ただし、数日に一回は洗顔料で洗うこと)

 
 無添加で保湿成分配合の固形石鹸ノンエーをレビュー!

 
ノンエー石鹸はニキビ向けの固形石鹸としては一番オススメです。

 

ニキビケア化粧品じゃなくてセラミド配合のものを使う

keshu
ニキビを治すにはニキビケア化粧品やニキビ薬などを使ったほうがいいと
思っている方も多いですが、敏感肌の場合はそうでもありません。

 
敏感肌のニキビケアは上記でもちょっと言いましたが、
市販のニキビケア化粧品を使うのはニキビを悪化させることもあります。

 
さっぱりとしたニキビケア化粧品を使うよりも保湿をし、
肌のバリア機能を回復させるスキンケア化粧品を使ったほうがいいですね。

 
特に天然保湿因子(NMF)やセラミド配合のものを使うと肌の角質層に水分を与え、
肌のバリア機能が回復しやすくなるのでぜひ使いましょう!

 
 ヒト型ナノセラミド配合のアヤナスで敏感肌ケア!!