夏のニキビは治りにくい!?※7月、8月ニキビの原因と対策!

7月、8月の夏本番になってくると暑くて暑くてダル~って感じです。夏にできるニキビは治りにくかったり、なぜか胸や背中にニキビができた!なんて人もいます。そんな夏ニキビの原因と対策を見ていきましょう。




知らなきゃヤバイ!!夏のニキビが治りにくい原因

natu
夏になるとなぜか知らないけどニキビが治りにくかったり、
増えて感じることってありませんか?

 
その原因として考えられるのは「紫外線」や「冷房」、「汗」が関係してきます。

 
「紫外線によるニキビへの影響」にも書いている通り、
紫外線を浴びることで肌のバリア機能の低下や肌の水分を蒸発させることになります。

 
その結果どうなるかというと肌が「乾燥」してしまいます。
(他にも紫外線の悪影響ありますが、ここでは省きます。)

 
ニキビと乾燥の何が悪いかというと、
乾燥することで毛穴も小さくなり、少量の皮脂が入るだけでニキビができるので、
いつも以上にニキビができやすくなっちゃうんです(ノД`)・゜・。

 
ちなみに「冷房」も同じ理由です。

 
冷房の風に当たりすぎると肌が乾燥してしまうんです。
肌の乾燥が進むとターンオーバーにも影響してくるので注意したいですね(´Д`)

 
直接冷房の風に当たることは避けたり、日焼け止めをして対策していきましょう。

 

汗にも注意!!こまめに拭いたり洗ったり…

sum
夏って暑すぎるから何にもしてないのに汗をかきますよね。。。
その汗もニキビへ影響を与えています。

 
夏の汗で一番気をつけたいのは布団やベッドなどの寝具の汚れです!

 
普段の服は毎日洗っていると思いますが、
布団を毎日洗う人はめったにいませんよね?

 
もちろん、毎日洗えって言いたいわけでなく、
こまめに洗ったり、天日干しすることはしておいた方がいいでしょう。

 
胸・背中ニキビと間違えやすいマラセチア毛包炎の治し方!

 
こちらにも書いている通り、胸や背中にニキビができてしまう方は
ニキビだけじゃなく、マラセチア毛包炎の可能性
もあります。

 
マラセチア毛包炎は夏などの汗をかきやすい時期にできやすく、
寝具やパジャマの汚れが原因になっています!

 
汗は放置しておくと雑菌が繁殖しやすくなるので当てはまる方は
こまめに汗を拭いたり、パジャマ&寝具もこまめに洗ったほうがいいですね。

 

他に夏が関係ありそうな原因は…

hate
「乾燥」と「汗」以外にも夏が関係しているっぽい原因がいくつかあるので
箇条書きで紹介します。

 
・暑さによってイライラする(ホルモンバランスの乱れ)
・暑くて寝れない(睡眠不足)
・夏バテで食欲が減る(栄養不足)
・ジュースやアイスなどを食べる(体を冷やして、新陳代謝を下げてしまう)

 
これらのこともニキビが治りにくかったり、増える原因になっています。

 
気をつけましょう…といって気を付けれることじゃないので、
頭の片隅にでも入れて覚えておいてください。

 

夏のニキビ対策まとめ

normal_l夏のニキビを予防&治す上で優先して気をつけたいのが、「紫外線」と「汗を放置する」ことです。

 
最低でもこの2つだけは対策しておいた方がいいですね。

 
日焼け止めをして紫外線対策をすることと普段の生活で汗をかいたらこまめに汗を拭く。

また、寝具の汚れは胸や背中ニキビやマラセチア毛包炎の原因になるので、
時間があるときに洗ったり天日干ししてあげましょう。