ニキビケア最強はビタミンC誘導体!?ニキビ跡にも効果がある!

ニキビだけじゃなく、美肌効果やアンチエイジングとしても評判の高いビタミンC誘導体はニキビケア化粧品の中では最強なんじゃないかなと思います。普通のニキビケア化粧水などを使うよりもはるかに効果を感じることができると思います。




ビタミンC誘導体がニキビケアに最強な理由

bita

ニキビケア化粧品に多く含まれる有効成分は
こちらの「ニキビケア化粧品に使われる成分の効果」でも紹介していますが、
大きく分けて3つ。

・グリチルリチン酸…抗炎症成分で、炎症の鎮静化をしてくれる。
・サリチル酸…古い角質を溶かして落とす。アクネ菌の繁殖を防いでくれる。
・ビタミンC誘導体…炎症を抑える、色素沈着を防ぐ、コラーゲンの生成。

 
上記の3つがニキビケア化粧品に含まれる有効成分ですが、
その中でもビタミンC誘導体の効果は他の成分に比べてずば抜けていいです。

 
ビタミンC誘導体の効果はニキビ以外にも多岐にわたります。

どんな効果があるかというと

 ビタミンC誘導体の効果  肌に与える効果
メラニン色素の生成を抑制する 色素沈着やしみ、そばかすを薄くする・美白効果
コラーゲンを増やす働き シワやたるみの改善・防止する
抗炎症作用 ニキビを治す
皮脂分泌抑制作用 毛穴の引き締め・ニキビ予防
活性酸素の除去 肌の老化防止
血行促進効果 ターンオーバーを正常にする

 
ビタミンC誘導体を使うとこれらの効果を得ることができるんです。

色素沈着など赤みを薄くする、炎症を抑える効果、肌の生まれ変わりを早くする、
コラーゲンの生成などの効果によって

 
炎症したニキビは早く治るし、肌に赤みやニキビ跡があっても治しちゃうよ!

 
ってことです。

 
効果だけでいうならニキビケア化粧品の中でも最強と言っても過言ではありません。

 

ビタミンC誘導体のデメリットってあるの?

chokin
普通のビタミンCが肌に浸透しにくい・酸化しやすいといったデメリットを解消して
肌に浸透しやすく、酸化しにくいように開発されたのがビタミンC誘導体。

 
油溶性のビタミンC誘導体は即効力がない、水溶性はちょっとつっぱる
人によっては刺激を感じるなどのデメリットがありますが、

 
一番のデメリットは価格が高いことに尽きると思います。

 
価格帯は広くて4000円~15000円くらいが目安になっています。

 
濃度が高いものやビタミンC誘導体APPSなどの
優れたビタミンC誘導体になるほど価格が高くなってしまいます。

 

ビタミンC誘導体を使うならどんなニキビ?選び方は?

fotolia1020
ビタミンC誘導体はどんなニキビにも効果があるし、
早く治したいならぜひ使ってほしいですが、一番使ってほしい方は

 
炎症した赤ニキビ・黄ニキビに悩んでいる方、ニキビ跡を治したい方です。

 
ニキビが嫌で嫌でしょうがない!
死にたくなるくらいニキビやニキビ跡に悩んでいる人に使った欲しいです。

 
小さいニキビやポツンとできたニキビに使うにはビタミンC誘導体はもったいないです。
本当に死ぬほど悩んでいる人はビタミンC誘導体を使うことを検討しましょう。

 
また炎症した赤ニキビ・黄ニキビは早く治さないと
ニキビ跡になる可能性が高いので放置したりするのは要注意です!

 
どんなビタミンC誘導体を選べばいいかわからないという人は
ビタミンC誘導体には「水溶性」「油溶性」「進化型(APPS)」の3つがありますが、
「水溶性」か「進化型(APPS)」の濃度が高いビタミンC誘導体を選ぶようにしましょう。

 
安いものなら3%以上で濃くても7%あれば十分です。

 
本気でニキビに悩んでいるなら予算が許す範囲でビタミンC誘導体を使ってみましょう。