胸・背中ニキビと間違えやすいマラセチア毛包炎の治し方!

胸や背中に赤いブツブツとしたものができたとき、多くの方が胸ニキビ・背中ニキビだと思って普通のニキビケアをすることが多いです。…が、なかなか治らないという場合はマラセチア毛包炎を疑いましょう。




マラセチア毛包炎ってどんなもの?

senaka
マラセチア毛包炎とは胸や背中、二の腕や肩にできる光沢のある赤いブツブツで、
ニキビにものすっごく似ているので間違える人が多いです。

ニキビと区別することが難しくて、ニキビとマラセチア毛包炎の違いと言えば

・光沢のある赤いブツブツでそれ以上悪化しない
・ニキビと違って痒みや痛みはあまりない
・マラセチア毛包炎の方がニキビよりも小さい
・マラセチア毛包炎は潰しても皮脂や膿が出ない
・原因がアクネ菌ではなく、マラセチア菌


正直、見ただけではニキビなのかマラセチア毛包炎なのか判断が難しいです。

触ってザラザラするだけで痛みや刺激はない、
ニキビケアしてもずっと治らない場合はマラセチア毛包炎の可能性があります。

マラセチア毛包炎というものを知っていなければニキビだと思い続けて、
治らないのにニキビケアをするはめになります。

そうならないためにも胸・背中ニキビだと思ってずっと治らないと悩んでいる方は
マラセチア毛包炎を理解しましょう。

マラセチア毛包炎の原因

mara

マラセチア毛包炎の原因はマラセチア菌という常在菌が異常に増えることで起こります。

マラセチア菌は皮脂が大好きなところもニキビと似ていて、
夏など汗をかきやすい時期に汗や皮脂を放置しているとできやすいのが特徴。

ただ、厄介なことにマラセチア毛包炎はニキビと違ってケアしないと治らないんです!

そのため、マラセチア毛包炎ができてしまった場合は
予防&治療の両方を同時に行っていきましょう。

マラセチア毛包炎を増やさない予防策!

ase3
先ほども書きましたが、マラセチア毛包炎の原因である
マラセチア菌は汗や皮脂が大好物で、汗のかきやすい夏にできやすいです。

すでにマラセチア毛包炎があってもこれ以上増やさないために
予防として行ってほしいのがパジャマや部屋着を毎日交換することです。

また、できればシルクやコットン100%の天然素材のものを選ぶようにしてください。

これを見ただけで理解した方もいると思いますが、
夏の汗をかきやすいときに毎日同じパジャマや部屋着を着ているのは危険です!

マラセチア菌が大好きな汗や皮脂がしみ込んだ服を着ているとやっぱりダメですね。
また、化学繊維でできた服は汗を吸収せずにムレるのがダメです。

裸で寝る…というのもシーツを汚すので、毎日変えてるならいいですが、
そんな面倒なことをしているひとは少ないと思います。

パジャマであれば、Tシャツを変えるなどで対応できると思うので
マラセチア毛包炎を増やさないためにも行ってください。

また、普通に生活してて汗をかいた場合は濡れたタオルで拭く、
家にいるのであればシャワーを浴びるようにしましょう。

当然、夜にお風呂に入るときはちゃんと石鹸を使って体を洗ってくださいね。

マラセチア毛包炎の治し方!

isah
ニキビであれば自宅のケアでも治すことができますが、
マラセチア毛包炎は皮膚科で処方されるケトコナゾール配合のクリームなどの
抗真菌薬を使わなくては治りません。

胸や背中に赤いブツブツが何個もできてしまっている場合は
すぐに皮膚科に行ったほうがいいです。

抗真菌薬を使えば1〜2ヶ月で治ることが多いです(´▽`)

ただし、治ってもまた皮脂や汗を放置した不潔な状態だと再発する可能性があるので
パジャマの交換や体を清潔にすることは忘れないようにしましょう。

皮膚科に行く時間がない方はニキビ用の石鹸+ケトコナゾール配合クリームでもOKです。

ただ、お金がかかってしまうのが嫌で時間がかかってもいい方は
ニキビケアから始めて、1ヶ月しても治らない場合に抗真菌薬を使うのがいいと思いますよ。