意外と知らない?ニキビ跡は主に3つの種類に分類される!

ニキビ跡と聞くとどうしても想像しちゃうのがクレーター型の凸凹した肌。でもニキビ跡には主に3つの種類があります。意外と知らない方も多いんですよね…。




あなたの悩んでいるニキビ跡はどれ?


「ニキビ跡を治したいけど、どうすればいいの?」

って言っている方が思っているニキビ跡というのは
大抵、クレーター型の凸凹した肌のことを言っていると思うんですが、

ニキビ跡には3つの種類があります。

・赤みが残るニキビ跡
・シミのように見える色素沈着しているニキビ跡
・みなさんご存知クレーター型のニキビ跡


こちらの3種類のニキビ跡があるんです。

それを知らずに「ニキビを潰してもニキビ跡にならなかった」
なんて言っている人もいますが、クレーター型じゃないニキビ跡が残ってたりします。

それぞれのニキビ跡でケアの仕方が変わってくるので、
あなたが悩んでいるニキビ跡がどれなのかしっかり把握しておきましょう。

赤みが残るニキビ跡

nikiato5
炎症した赤ニキビの膨らみが落ち着いた後に赤みだけ残った状態のニキビ跡。
毛穴の周りがうっ血(血液の流れが悪くなって血が溜まっている状態)して赤みが残ってます。

赤ニキビみたいに膨らんで痛いということはありません。

シミに見える色素沈着ニキビ跡

nikiato3
シミに見えるニキビ跡には紫色と茶色っぽく見える2種類があります。
色素沈着のニキビ跡とひとくくりにしていますが、

紫色…ニキビの炎症が毛細血管まで広がって血がにじんだ状態。
茶色…赤みが残ったニキビ跡が日焼けしてシミみたいになっている状態。


とそれぞれ原因は違います。

クレーター・凸凹型のニキビ跡

nikiato4
一番厄介で、一番みんなの頭を悩ませているのがこれ。

赤ニキビの炎症が長く続いたり進行しすぎて、
皮膚組織まで破壊されるせいでこうなっちゃいます。

クレーター型のニキビ跡になりやすい人は体質がちょっと関係してて、
強い炎症を起こしやすい人・皮膚が固い人がなりやすいです。

治すのが難しいので予防が大事になってきます。

まとめ

normal_lニキビ跡と一言で片づけられていますが、ニキビ跡には主に3つの種類があって、それぞれ原因や特徴が違います。

・赤みが残るニキビ跡
・色素沈着しているニキビ跡
・クレーター型のニキビ跡


あなたが悩んでいるニキビ跡がどれかわかりましたか?

どのニキビ跡を治すのにも半年以上かかると言われています。
だから、第一に考えるのはニキビ跡を作らないことです!

よく言われているニキビ跡の原因になることはまず避けたほうがいいです。

「ニキビを潰す」「ニキビがかゆくて掻く」

これらは本当に止めたほうがいいです。

一番最初にも言いましたが、クレーター型じゃないにしろ
赤みや色素沈着のニキビ跡になる可能性が高いです。

また、ニキビは放っておいても治る…。
これも鵜呑みにしてはいけません。

プクッと腫れている状態は治るかもしれませんが、
赤ニキビは放置しておくと炎症期間が長くなり、ニキビ跡になります。

ニキビ跡ができたあとのケアだけじゃなく、
ニキビをニキビ跡にしないために早めのケアもしていきましょう。